コロナ禍の話

こないだ出張先で、ランチの時に王将に行きました。店に入るときは全員マスクを着用していましたが、食事中、会話しているときはマスクを外しています。そしてそのまま店員さんにビールの追加注文をします。マスクの意味はゼロです。

私はコロナ禍以前から居酒屋に行く回数が減り、コロナ禍により、居酒屋にほぼ全く行かなくなりました。それは程度の低い客(大声で話したり)、そして衛生面への配慮の足りない店側にうんざりしたからです。

居酒屋で私が一番嫌なのは、アルコールを注文した時に(最初のお冷やの時も)、グラスの上の部分(口をつけるところ)を指で触れて運んでくることです。グラスを持つときは真ん中より下です。そんな配慮もできないのかとガッカリします。

釣り人はさらに意識の低い人だらけです。

今日は久しぶりに衣奈漁港へ行ってきました。

釣り人でマスクをしているのは半分以下でした。距離をとっているので大丈夫と思っているかも知れませんが、マスクをしていない状態で話しかけてきたりします。

絶対アウトです。

今日もそんな人が私のそばに来て話しかけてきたので、

「すみません。マスクをしてない人と話はできません。離れてもらえますか?」

と会話を拒否しました。

他にもマナー違反はたくさんありますが、釣りのマナーとして最初にやらなければならないのは、釣り場に入る時に、

「ここ入らせてもらっていいですか?」

とか

「ここ入らせてもらいますね。」

等の挨拶です。これをできない人が本当に多い。

居酒屋が嫌いになったことは、居酒屋に行かないことで解決です。

では釣りの方はどうしたら解決できるのか?

もう解決しました(笑)

フィッシングボートを購入したからです(笑)

これで、他の釣り人と一緒に釣りをすることはもうありません(笑)

ウキ釣りに未練がありましたが、卒業します。

ヤマハのYFR24EXの新艇。総額1000万円くらいでしたが、100万円くらい値引きをしてもらいました。

今、私のボートのアドバイザーは、世の中でたった一人。それは某整骨院グループのA社長(イニシャルではありません)。従業員さんを塾生として紹介してもらったご縁で、お会いしたのは最初の一度だけですが、立派なボートを所有していることは知っていたので、ちょくちょく電話させてもらっていました。

昨日も購入の報告で電話をしてみると、A社長も新しいボートを購入したようで、それがなんと、

ヤマハのYFR27EX(笑)

私が購入するボートの上位機種です。

すごくご縁を感じました。A社長との電話は、私にとって有益な情報(釣りとボート)ばかりで、ビジネスの話には一切ならないので嬉しいです。

ボートを係留するマリーナについても色々アドバイスをしてもらいました。

和歌山にするか、神戸・明石にするか。

ちなみにA社長は、最初の5年間は和歌山、最近1年間は神戸です。釣れるのは断然和歌山だそうです。

でもA社長のエピソードで、

「家島諸島(兵庫県)いいですね。家島諸島までクルージングして、海の駅にボートを止めて、美味しい魚介のランチを食べたんですが、良かったですよ。」

これがすごく引っかかっていて、悩んでいます。

だってカッコ良すぎるから(笑)

おしゃれなのは神戸・明石。満足な釣りができるのは和歌山。

本気で悩んでいます。。。

あと、私の1級小型船舶免許の国家試験は3月24日です(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中